岩手県大船渡市の防波堤。津波の高さも温暖化で想定を超える可能性も高い(毎日新聞社/アフロ)

先週号の当欄で見たように、地球温暖化のインパクトは相当なものになっており、日本はこれから何十年と大規模な災害にさらされ続けることになる。では、日本は必要な備えができているのだろうか。それとも、東日本大震災の原発事故と同じように、政府はまたしても「想定外」との言い訳を持ち出すつもりなのか。

温暖化対策で日本が世界の劣等生なのは有名だ。二酸化炭素を大量にまき散らす石炭火力発電所の国内増設を続け、さらに政府開発援助を用いた海外輸出まで行っているのだから、日本の環境政策にはかなりの欠陥がある。ドイツの環境NGO「ジャーマンウオッチ」による温暖化対策の国別ランキング(2019年版)で、日本は60カ国中49位と最下位グループに沈んだ(米国は59位で日本と同じ最下位集団に属する)。