今回の参議院選挙の投票率は48.8%と、24年ぶりに50%を割った。若い世代の政治への無関心に打ちのめされる。選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案が可決されたのが2015年。しかし、18歳、19歳の投票率は31.33%と前回を下回った。

若者はなぜ選挙を「自分ごと」化しないのか。参院選直前、ツイッターでは「参院選」と「投票」に絡めて、「難しい」というワードが頻繁につぶやかれている。政策・政党を選ぶのが難しいという意味だ。つまり、興味がないのではなく、必要な情報が得られていないだけではないのか。