こはま・ひでゆき 1969年生まれ。90年、高崎商科短期大学卒業、ワークマン入社。2009年商事部長、11年商品部海外商品部長、16年執行役員商品部長などを経て、17年取締役スーパーバイズ部長。19年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)
あの作業服のワークマンが変貌した。従来の職人から一般客に対象を広げ、PBに特化した新業態「ワークマンプラス」を展開。高機能・低価格が支持され、国内店舗は「ワークマン」含め837店(2019年3月末)と、今やユニクロも上回る。業績も8期連続最高純益と絶好調だ。4月就任の小濱英之社長に聞いた。

──18年9月に始動した「ワークマンプラス」ですが、立ち上げの経緯と現状の手応えは。

当社の顧客である、プロの職人の数が将来減るというデータがあり、客層を広げる必要があった。あるとき、防水防寒着「イージス」がツーリングに最高とSNSで話題なのを知り、アウトドアやスポーツの機能を持った商品を訴求しようと考えた。その後、1号店のららぽーと立川立飛店では開店と同時にお客さんが殺到、急きょ「最後尾」の紙を作って入場制限したほど。相乗効果で周辺の既存店の売り上げも上がっている。

──店舗戦略の基本を教えてください。25年の1000店体制に向けて、今後どう攻めますか。