「悪魔のおにぎり」は新たな味に加え、パンなど派生商品も。

【上場日(市場)】2019年3月29日(東証マザーズ)
 【設立】2012年7月26日
 【本社所在地】東京都渋谷区
 【代表者(年齢)】伊達晃洋社長(34)
 【事業内容】食品や消費財、サービスの広告やPRなどブラ ンディング事業を展開。広告の企画立案から制作、SNSの 活用まで自社で内製化。大企業との取引も多い
 【売上高】14億5100万円
 【営業利益】1億2400万円(18年6月期)
 【公開価格】1110円
 【直近株価】2200円(7月30日)

コンビニで爆発的なヒットを飛ばす、ローソンの「悪魔のおにぎり」。悪魔に扮したタヌキのデザインをはじめ広告制作を手がけるのが、3月29日に東証マザーズに上場したエードットだ。食品からサービス業まで幅広い業種の広告事業を展開する。

広告業界には、電通や博報堂など大手から業務を請け負う会社が多いが、同社は顧客との直接取引にこだわる。2次請け、3次請け構造から脱すれば、コスト競争力で優位に立てる。顧客との距離が縮まることによって、企画のミスリードを防げる利点もある。