社長最後の年、平井氏はソニー・ピクチャーズの本社があるカルバーシティーに詰めていた。そこで行ったのは社員の人心掌握。これまで何度となく発揮してきた平井流リーダーシップの集大成でもあった(撮影:尾形文繁)
本記事はプラス会員限定。ひと烈風録の関連インタビューです。

カルバーシティーに半年間詰めた

――社長を退いたのは2018年3月。しかし、最後の1年、つまり2017年のうちかなりの期間をアメリカでの仕事に費やした、という話を聞きました。

アメリカのソニー・ピクチャーズ(SPE)のことですね。2017年1月、トップのマイケル・リントンが会社を去ることになりました。同時に業績も良くなかった。CEOは不在、業績は厳しい、というかなりまずい状態になりつつあったんです。

ソニー全体をみるといい方向に向かっている。エレキも回復しつつある。喫緊の課題はカルバーシティー(SPEの本社所在地)でした。

CEOがいないわけですから、まずやらなきゃいけないと思ったのは、私自身がカルバーシティに乗り込むということ。立場はともかく、まずSPEのビジネスを安定化しないといけない。ということで、カルバーシティーに半年ぐらい詰めていました。

それができたのも(現社長の)吉田(憲一郎)さんのおかげです。「自分が行かないと気が済まないし、たぶん私が行かないとだめだと思う」と相談した。そうしたら吉田さんは「行ってきてください。東京のことは全部任せてください」と言ってくれた。じゃあもう東京は全部お願いしようと。というかもうソニーは全部お願いするから、私はとりあえずカルバーシティーに行ってきますというふうに言えるだけの自信があった。彼に対しての信頼はそれだけ大きかったということです。