千葉県船橋市は同県北西部の葛南地域にある人口約64万人の中核市だ。千葉県内では千葉市に次いで人口が多く、行政機関の集まる千葉市が「県都」と呼ばれるのに対し、船橋市は「商都」と呼ばれることが多い。

船橋市が商都と呼ばれるのは、古くから交通の要衝として栄えてきたからだ。江戸時代には海老川の河口域にあるという地の利を生かして水運で栄えた。佐倉街道や御成街道といった街道が通り、宿場町としても栄えていた。

今でも船橋市内には多くの鉄道が走っている。北から順に京成成田空港線、北総鉄道北総線、東葉高速鉄道、JR総武線・総武本線、京成本線、JR京葉線が東西を横切っている。またJR武蔵野線、東武野田線、新京成線が南北を走っている。市内を横切る鉄道は10路線35駅に及ぶ。