根が小心者なので、飛行機が離陸、着陸するとき、今でも胸がざわっとする。だから、運行を停止したボーイング737MAXがずっと気になっている。

わずか5カ月の間に2回の墜落事故。以来、737MAXは空に戻っていない。墜落の原因は、失速防止の自動装置MCASの誤作動だ。そもそも、なぜ、こんな装置が装着されたのか、だ。

737MAXの機体は大ヒット機737と同じ。が、高効率の大きな新エンジンを採用し、地上との距離に余裕がなくなった。そのため、エンジンの装着位置を上方にずらしたのだが、結果、空気力学上、上昇中に機首が過度に上向くリスクが生まれた。機首が異常に上向けば、飛行機は失速する。