UCCのハワイ直営農園(右)と、現地販売されている豆(左)。豆はアラビカ種の中でも原種に近くクリアな味が特長のティピカ種

ハワイ名産の飲み物といえば、「コナコーヒー」。ハワイ島の西岸にあるコナ地区で生産されるコーヒー豆で、米国内で生産されている唯一のコーヒーだ。

雑味が少なくすっきりとした味わいが特長で、浅煎りだと酸味、深煎りだと甘みが際立つ。苦みが少ないため、ブラックコーヒーが苦手な人でも飲みやすい。栽培できる土地が限られており収量が少ないため希少価値が高く、高級コーヒーとして日本をはじめ世界各地で名を馳せている。

そもそも、コーヒー豆が取れるコーヒーの木はアフリカ原産。ブラジルやベトナムなど、「コーヒーベルト」と呼ばれる南北緯20度以内で標高が高く降水量も多い地域で栽培されている。

栽培地として適しているとはいえないハワイにコーヒーが持ち込まれたのは1820年代のこと。カメハメハ2世が訪問した英国からの帰りに寄港したブラジルから、同船者が苗をハワイに持ち帰ったのが始まりだ。以降、紆余曲折の末にコナ地区の環境が最も適していることがわかり、栽培が盛んになった。1900年代からは、当時ハワイに向かった多くの日系移民がコーヒー栽培に尽力した。

現代の日本企業も、コーヒー栽培でコナを目指した。日系人が経営する1〜2ヘクタールほどの小規模農園が寄り集まっている一角に、コーヒー焙煎大手・UCC上島珈琲がコナに持つ16ヘクタールほどの直営農園がある。