雄安新区を走る無人の移動販売カー。声をかけると停車する。品ぞろえはドリンク数種類程度(撮影:田中信彦)

首都・北京の南に「国家千年の大計」で建設が始まった「雄安新区」。計画発表から2年余りを経ても進捗は意外とゆっくりだ。その背景には拙速を避け、時間をかけて「理想都市」をつくりたいと考える政府の意向がある。

同新区の構想が発表されたのは2017年4月。人口2000万人を超え、都市機能が限界に来ている北京から、国家の首都としての機能以外の部分を大幅に移転し、経済、教育、文化などの領域で「副都」としての役割を担わせることを目指す。

同新区の中心地にはすでに「市民服務中心」がオープン、自動運転の移動販売カー、清掃車、コミュニティーバスなどが走るテストコース、顔認証で入退室可能なホテル、無人スーパー、先端技術を駆使したオフィス・商店・住宅棟などがオープンしている。