(Fast&Slow / PIXTA)

合格した大学の偏差値を加重平均し、高い順に並べたのが「卒業時偏差値ランキング」だ。

トップは筑波大附駒場で、唯一卒業時偏差値が60を超え61.2だった。最も合格者が多かったのが東大で119人。全国で見ても2位の合格者数だ。

2位はで58.5。東大74人、京大48人などの実績で、合格者最多の大学は東大だった。ただ、国公立大医学部(東大理Ⅲも含む)で見ると、90人合格しており、最も多い。医学部志向が強いことがわかる。

3位は開成で、東大合格者数は38年連続日本一の186人だ。合格者が最も多かったのは早稲田大の222人。4位は栄光学園で、合格者最多は早稲田大の91人。5位は聖光学院で、合格者最多は早稲田大の208人だ。首都圏の学校では、早稲田大への合格者が多いところが上位にきている。また、男女別学の学校が上位を占めているのも特徴だ。女子校では桜蔭が7位でトップ。共学校トップは8位の渋谷教育学園幕張だ。

灘は卒業時偏差値や東大・京大合格者比率で2位