車谷暢昭 東芝 代表執行役会長 CEO(左)、金丸恭文 ウシオ電機 社外取締役(右)

賛成率の悪化した取締役がいる反面、急激に改善した取締役もいる。重電大手・東芝の車谷暢昭会長の賛成率は36ポイント改善し99%になった。会社側は「昨年11月に発表した『東芝Nextプラン』(中期経営計画)の着実な実行に対するエールをいただいたものと受け止めている」と気を引き締める。

営業キロ数で国内最大の私鉄・近鉄グループホールディングスの上田豪社外取締役(百五銀行会長)は、賛成率が32ポイント改善し97%になった。昨年は取締役会への出席率が66%で、75%を賛否の基準とするISSが反対を推奨した。が、出席率が100%になり、賛成推奨に変わったことが影響したとみられる。