塾選びが中学受験の成否を左右することも(読売新聞/アフロ)

中学受験を考える親がまずすることといえば塾選び。「塾なしで合格した」という書籍も目にするが、王道は通塾だろう。

都内の中学入試の集中日が2月1日なので、2月が中学受験塾の新学期となる。難関校を目指す家庭は3年生の2月、新4年生クラスからの入塾が多い。

大手の受験塾のほとんどが、5年生の後半までに6年生までの学習範囲を終え、6年では苦手科目の克服と志望校別の対策を行う。入試には鶴亀算など通常の授業では習わない問題も出る。難関校志望でなくても、5年生の後半からでは入塾を断られるケースもある。

「難関校を目指すわけでもないし、偏差値40以下の学校もある。小学校の成績が普通なら受験勉強しなくても入れるのでは?」