NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業(ジーナ・キーティング 著/牧野 洋 訳/新潮社/1800円+税/384ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Gina Keating/フリーランスの経済ジャーナリスト。米UPI通信、英ロイター通信に記者として在籍し10年間以上にわたってメディア、法曹界、政界を担当。独立後はビジネス誌や娯楽誌、ライフスタイル誌などに寄稿している。本書は初の著書に当たる。

どんなに有名な大企業であっても、始まりはちっぽけなスタートアップにすぎない。今や世界中の人に知られる存在となったNETFLIXであっても、それは同様だった。

本書は世界を熱狂させる数々のエンターテインメント作品を手がけてきた同社における、創業当時の物語である。まだストリーミング配信というものが主流ではなく、宅配DVDレンタル業を営んでいた時代が舞台だ。

彼らはDVDと倉庫とソフトウェアを組み合わせ、いかにして世界を席巻していったのか? それを元ロイター通信記者の筆者が、余すところなく記している。