女性の活躍の場が増えている中、女性自身のキャリア形成をどうするか、早い段階から涵養する必要性が出てきている。

そんな中、多くの女子の中高一貫校が、女子のキャリア教育に取り組んでいる。あえて女子校を選ぶ保護者や生徒も増えている。

社会とどう関わるか6年間かけて視野を広げていく

プロの指導によるバレエ、ピアノ、茶道、華道、英会話といった有料の課外授業も充実している(撮影:吉濱篤志)

吉祥女子中学・高等学校は、80年の歴史を持ち、新御三家の一角を占める人気校の1つ。芸術コースもあり、音楽教育や美術教育にも力を入れている。

そんな同校では社会との関わり方、生き方を考えさせるための「進路プログラム」を用意している。

例えば中学1年時の課題は自分を取り巻く「環境」の理解。夏休みの宿題として、親や親戚など、周辺の大人たちへのインタビューを課す。仕事内容や社会との関わり、仕事で得られることなどを取材し、リポートにまとめる。

「それをきっかけに、さまざまな職業を意識するようになり、視野が広がっていきます」と、明石里恵進路指導部部長は話す。