東京成徳大学中学の授業の成果物。iPadを活用して分野を横断した学習も

タブレット市場の草分け的存在の米アップル。今やiPadが教育現場に導入されていることも珍しくない。中でもiPadやMacを活用して革新的な教育をし、継続的なイノベーションに取り組む学校をアップルが認定する制度が、「Apple Distinguished School(ADS)」だ。

主な認定基準は、iPadまたはMacを使用した教育プログラムが確立していること、教職員が製品やアプリケーションの使い方を熟知していること、アップルのツールを活用した学習の成果を文書化すること、だ。

東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)は、東京都北区にある男女共学校。同校中学は、世界34カ国に470校ほど、うち日本では7校しかないADSの認定を2018〜21年にかけて受けている。

きっかけは15年に学校法人の創立90周年を迎えた際、100周年を見据えた「東京成徳ビジョン100」を発表したことだ。「これからの10年を見据えて英語コミュニケーション能力の向上とICT(情報通信技術)教育に取り組み始めた」と振り返るのは、木内秀樹・東京成徳学園理事長兼中高一貫部校長。