欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に国際通貨基金(IMF)専務理事のラガルド氏を充てる人事が物議を醸している。だが、この人選は正しい。

なるほど、欧州連合(EU)の幹部人事をめぐる政治的な駆け引きは美しいものではない。ラガルド氏の選出過程は不透明で、次期欧州委員会委員長人事と組み合わされ、密室で行われた様相が色濃い。

しかし、並外れた資質は否定しようがない。弁護士、フランスの財務相、そしてIMF専務理事として見事に仕事をこなしてきたラガルド氏には、粘り強さだけでなく、政治的な手腕もある。国際経験も豊かで世界的な知名度も高い。

欧州債務危機の中で見せた対応を批判する声があるのは確かだ。ギリシャの財政危機に対し、当時仏財務相だったラガルド氏は主流派の誤った考えを受け入れ、緊縮財政を推した。だが、2011年9月に筆者がラガルド氏と会ったとき、同氏は当時のトリシェECB総裁とは違って、内々にはECBによる大規模な介入と債務カットの両方を支持していた。