経営危機が続く独最大手のドイツ銀行がついに大規模なリストラ策を発表した。今後3年で全社員の2割に当たる1.8万人を削減。株式売買事業から撤退するなど投資銀行業務を大幅に縮小し、資金決済や融資などの商業銀行業務に軸足を戻す。

「原点に回帰し再出発する」──。ゼービングCEO(最高経営責任者)はそう声明で述べたが、要はグローバルな投資銀行としての競争に敗れ、白旗を揚げたということだ。株価は過去4年で約8割の暴落。もはや限界だった。

「シェア第一で突っ走ったが、時代の流れの変化に対応できず、米国勢に対し2周遅れのリストラになった」と元幹部は言う。

地味で実直な商業銀行だったドイツ銀行は1998年の米バンカース・トラスト買収を機に投資銀行業務を急拡大し、米国勢に並ぶ「欧州代表の投資銀行」と称賛されるまでになった。99年の統一通貨ユーロ誕生により、地盤の欧州連合(EU)に対しても、基軸通貨ドルに対抗する通貨を持つ巨大経済圏としての期待が高まった。