【今週の眼】苅谷剛彦 英オックスフォード大学教授
かりや・たけひこ 1955年生まれ。米ノースウェスタン大学大学院博士課程修了、博士(社会学)。東京大学大学院教育学研究科助教授、同教授を経て2008年から現職。著書に『階層化日本と教育危機』『増補 教育の世紀:大衆教育社会の源流』『教育と平等』など。(撮影:尾形文繁)

2021年1月から始まる新しい大学入学共通テストをめぐって、紛糾する事態が生じた。NHKによれば、記述式問題の採点者に、学生アルバイトを含めることを文部科学省が認めたという。機械採点のできない記述式に1万人の採点要員が必要だからだ。

これに対し、入試の公平さが保証されるのかという批判が相次いだ。採点者が誰であれ、採点にズレが生じることは避けられないが、その採点者に学生アルバイトが含まれるという突っ込みやすい問題が加わったのである。

文科省に実施を見合わせるそぶりは見えない。今回の改革には「高等学校に対し、『主体的・対話的で深い学び』に向けた授業改善を促していく大きなメッセージになる」(文科省)という意図が込められているからだ。「思考力・判断力・表現力」を記述式で評価することで、知識の詰め込みに終わらない能力の育成が期待される。