ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』の公演を手がけるパーヴォ・ヤルヴィ(©Julia Bayer)

来る2020年、クラシック界最大のトピックは、ベートーヴェン(1770〜1827)生誕250年だ。このメモリアルイヤーに向けて、国内外でさまざまなイベントが計画されている。

その先陣を切って今年8月29日と9月1日に開催される「パーヴォ・ヤルヴィ&N響 オペラ《フィデリオ》」(Bunkamuraオーチャードホール)は、「ベートーヴェン唯一のオペラ」の真価を体験する貴重な機会となりそうだ。

クラシック史上にその名を残す数多くの作曲家たちの中でも、ベートーヴェンがとくに注目される理由の1つは、「手がけたジャンルすべてで最高の結果を残した」という実績だ。交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽、ピアノ曲、そして歌曲、宗教曲にオペラまで。これら各ジャンルをベートーヴェンと同レベルで残した作曲家は、“アマデウス(神に愛されし者)”モーツァルト以外には見当たらない。この2人が、クラシック史上最高のオールラウンダーだといえるだろう。