6月30日、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が会談した。米朝首脳会談は去年6月のシンガポール、今年2月のベトナムに続いて、これで3回目だ。

北朝鮮政府が事実上、運営するウェブサイト「ネナラ」(朝鮮語で“わが国”の意味)日本語版は、1日に朝鮮中央通信から転載し、こう報じた。〈敬愛する最高指導者は、トランプ大統領が6月29日から30日まで南朝鮮を訪問する機会に、非武装地帯で金正恩国務委員長と会いたいという意思を伝えてきたことを受諾し、板門店南側地域へ出向いてトランプ大統領と電撃的に対面した。/30日午後、全世界が注目して見守る中、わが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が板門閣を出てアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領と板門店分離線の前で歴史的な対面を行った。/1953年の停戦協定以降、66年ぶりに朝米両国の最高首脳が分断の象徴であった板門店で互いに手を取り合って歴史的な握手をする驚くべき現実が広げられた。/敬愛する最高指導者は、トランプ大統領と120余日ぶりに再び会ったことについて懐かしくあいさつを交わし、大統領を案内して板門店のわが方(北側)の地域に歩みを移した。/敬愛する最高指導者とトランプ大統領が板門店のわが方地域の板門閣の前にまで来て再度手を取ることによって、米現職大統領が史上初めて軍事境界線を越えてわが領土を踏む歴史的な瞬間が記録された〉。

米国と北朝鮮は国際法的に現在も戦争状態にある。敵国の最高指導者であるトランプ大統領が、短時間であれ、北朝鮮領内に入ったということには、米国が北朝鮮の存在を認めたという象徴的意味がある。