正規ディーラー運営のBMW中古車販売店では、普通の中古車に交じり、新車同然の車が売られている(写真は本文と直接の関係はありません)

BMWと言えば、日本でも高い知名度を誇り、多くの消費者が憧れるドイツの高級車ブランドだ。その国内販売ディーラーの店頭で今、大量の新車が中古車として売られている。

首都圏のある正規ディーラーが、新車販売店とは別の場所で運営するBMW中古車販売店。展示車の1台、セダン「320i」の商品説明パネルに目をやると、中古車のはずなのに、走行距離欄に記された数値は50キロメートルにすぎない。この1台だけでなく、全展示車32台のうち、9台は判を押したように「走行距離50キロメートル」と書かれていた。

この9台はすべて、業界で「新古車」と呼ばれる新車同然の未使用車だ。セダン、クーペ、SUVなど車種はバラバラだが、どれもBMWの最新現行モデル。それでいて販売価格は新車の定価より2割前後安い。

新古車とは、本来は売る側であるはずのディーラー自身が名義人(購入者)になって新車登録し、未使用またはそれに近い状態で販売する車のこと。ナンバーを取得済みなので、あくまで中古車として扱われる。