キャリアにつながる学びは資格取得だけではない。民間スクールや社会人大学院、自治体の生涯学習講座など選択肢は多様だ。ここではキャリア形成に役立ち、かつ手軽に参加できる学びの場を3つ紹介しよう。

大学が正規の授業とは別に、一般人を対象に開設するのが社会人講座だ。年齢や学歴を問わず、誰でも受講できる公開講座や、国のお墨付きである「履修証明」を交付する講座などがある。

公開講座の総数は1990年代前半に年間4000弱だったのが、2010年代には3万以上に増加。1日だけの講座もあるが、数カ月~半年単位で受講料が数万円以上の講座が多い。受講者は「シニアとビジネスパーソン、学生が多い」と、大学公開講座ポータルサイトを運営するセカンドアカデミーの佐々木偉彰エグゼクティブコンサルタントは語る。

もともとは民間カルチャースクールが提供するような趣味の講座も多かったが、「近年は大学がやる意義がある専門性の高い講座に移っている」(佐々木氏)。文部科学省の調べでは、公開講座のカテゴリーは人文・教養や語学が多くを占める。最近は、「社会人の学び直しを意識した講座が増えている」(佐々木氏)という。

1. 大学の社会人講座|年齢や学歴問わず参加可能

最近は社会人の学び直しを意識した講座が増加(写真提供:明治大学)

明治大学は15年度から、女性のキャリアアップを支援する履修証明交付のプログラムを運営。早稲田大学も17年秋、東京・日本橋に社会人の学び直しの新拠点「WASEDA NEO(ワセダネオ)」を開設した。