(CORA / PIXTA)

公認心理師、キャリアコンサルタント、情報処理安全確保支援士……。これらはこの数年で新設された国家資格だ。公的資格(商工会議所などが検定試験を主催)や民間資格まで含めると、新しいものが続々と誕生している。

数ある資格の中で、これから需要が高まりそうなのはどれか。

保有資格630以上のマニアが厳選

  • ビジネス統計スペシャリスト
  • インバウンド実務主任者
  • ドローン検定、IoT検定
資格コンサルタント 鈴木秀明(撮影:梅谷秀司)

データ分析、ドローン、資格は時代を映す鏡

行政書士や中小企業診断士など630以上の資格を持つ資格コンサルタントで、総合情報サイトAll Aboutの「資格」ガイドを務める鈴木秀明氏によると、最近は「ビジネス統計スペシャリスト」「インバウンド実務主任者」「ドローン検定」「IoT検定」などが注目を集めているという。「資格や検定は時代を映す鏡。社会的にニーズのあるものが登場しやすい」(鈴木氏)。

「ビジネス統計スペシャリスト」は、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)などIT関連の資格試験を実施・運営するオデッセイ コミュニケーションズによる民間資格で、2015年に登場した。データ分析の実践に重点を置き、マイクロソフトのエクセルによるビジネスデータ分析の技能と、分析結果を正確に理解し応用する能力を評価するものだ。