(撮影:梅谷秀司)

成毛 さっき知ったんだけど、ホリエモンのポータルサイト「ホリエモンドットコム」のキャッチフレーズって「働くって楽しい。働くって素晴らしい」なんだね。確かに、人生100年時代といわれる今、いやいや働いていたら長くは続かないよね。かつては生活のために定年まではと割り切れたかもしれないけど、寿命が延びている今ではあまりにも長すぎる。そもそも会社は雇用を保障してくれないし。

なるけ・まこと/1955年北海道生まれ。自動車部品メーカーを経てIT業界へ。1991年マイクロソフト日本法人社長。2000年に退社後、投資会社インスパイア設立。書評サイトHONZも主宰。(撮影:梅谷秀司)

堀江 経団連会長が、人生100年時代の今、1つの会社で働き続ける終身雇用は無理と公言する時代ですからね。

ほりえ・たかふみ/1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発、スマホアプリのプロデュースなどに注力。予防医療普及協会理事としての活動も。(撮影:梅谷秀司)

成毛 「これから、何を勉強すればいいですか」とよく聞かれるけど、やっぱりサイエンスとテクノロジーがいちばんいいよね。でも、それは本格的な先端医療とか航空宇宙なんかじゃなくてもいい。伊勢でクラフトビールを造っている友人は微生物マニア。そもそもビールは発酵製品だし、発酵は微生物の働きだからマニアには向いている。彼は昔ながらの醸造職人ではなく、微生物の研究者をバンバン採用して、先端の設備を使って酵母を培養している。

堀江 昔みたいに、「少し科学的知見を取り入れてみました」では、飲料業界も生き残れないってわかっているんでしょうね。

成毛 残酷だけど、何をするにしてもサイエンスの素養がないと厳しい時代になりつつある。AI(人工知能)関係もそうですよね。AIを使って何かがちょっと便利になる程度の、なんちゃってAIベンチャーはたくさん出てきたけど、いずれ淘汰されるでしょ。

堀江 こう言うと、40代、50代のおじさんは今さらどうしようもないという話になるかもしれないけど、正直、楽しく稼ぐ手段はいくらでもあるんですよ。

成毛 そうなんだよね。少子高齢化で国内市場が小さくなるから、日本はもう無理って思う人は多いだろうけど、日本市場を相手にする必要はない。最初から海外を狙うべき。コンビニに行っても「どうして海外で売らないんだろう」と思える商品がゴロゴロある。インバウンドの外国人観光客の動きを眺めていれば、海外に持っていけばすぐにビジネスになる日本の商品も見つかるはず。