ココナラでは1案件500円からスキルが売買されている

笑いを取るメカニズム、お教えいたします──。インターネット上でスキルを売買する「ココナラ」には、500円でこんなサービスが売られている。販売するのは「いぬやまん」さん(51・仮名)。本業では医療機器メーカーでソフトウェア人材の育成をしており、副業で「笑い」を売るサービスを手がけている。

いぬやまんさんが副業を始めたのは2017年末のこと。自身の年齢が50歳に近づいたことがきっかけだった。「ソフトウェアの分野は移り変わりが激しい。だから人材育成の講義で、よく『10年先を見据えろ』と言っていた。自分が50歳目前となり、10年先は定年と考えたとき、会社を離れても働き続けるために動き出そうと考えた」(いぬやまんさん)。

もともとソフトウェア開発を手がけていたことから、当初はソフトウェア関連の相談を出品した。しかし想像以上に売れなかった。

「エンジニアが副業でソフトウェアをつくるのは普通すぎる。もっと違ったことをしよう」と考え、思いついたのが「笑い」だった。

いぬやまんさん自身、社内での講義の際などの場を和ませるテクニックには自信があった。出品すると、意外にも多くの相談が舞い込んだ。家族内で浮いていると感じる父親、就職の説明会での話が硬くなってしまうと悩む経営者、部下との関係性に悩む上司……。心がけたのは、一人ひとりの相談に真摯に向き合うことだ。