シリアのダマスカス市内。米軍のシリアからの撤退が、さらなるシリアの混迷を招く可能性が高い(ロイター/アフロ)

米国とイランの対立に世界が神経をとがらせる中、シリアの内戦がまたしても激化してきた。反体制派にとって最後の主要拠点となる北西部イドリブ県に対し、アサド政権が猛攻を仕掛けているのだ。イドリブには約300万人が暮らすが、多くは地元を追われた避難民だ。さらなる人道危機で難民が大量発生するのを防ぐためにも、米国はシリア和平への関与を再度、強めるべきである。

クルド人を中心とする米主導の有志連合が過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討にメドをつけて以来、米国はシリアから距離を置くようになっている。トランプ大統領は昨年末、シリアからの米軍撤収を発表したが、これはシリアの未来をロシア、イラン、トルコの勢力争いに委ねたに等しい。

トランプ氏の行動が勇み足だったことは今や明白になっている。イドリブの戦闘激化は、シリアがまだ中東の火薬庫であり続けていることの証しだ。クルド人民兵組織の支配地域はシリアの3分の1に迫るが、隣国のトルコはクルド人勢力を「テロ組織」と位置づけ、不倶戴天の敵と見なす。そのクルド人を支援してきたのが米国だ。そして、トルコがロシア製ミサイル防衛システムの購入を決めたことで、米国とトルコの関係はほとんど一触即発の状態となった。