イラスト:髙栁浩太郎

Q1

公的年金制度の性格を表すものとして正確なのは、次のうち、どれでしょうか?

A. 積立貯蓄(貯蓄性の金融商品)

B. 保険 

C. 政府による公助

Q2

日本の65歳以上人口は2012年の約3079万人から2017年には約3515万人へ約14%増えました。この間、公的年金の給付総額は何%増えたでしょうか?

A. 3%増  B. 15%増  C. 20%増

Q3

現在の年金制度はマクロ経済スライドによって給付水準が調整され、年金財政収支が長期で均衡するように設計されています。現在の高齢者の給付水準をより下げると、将来世代の給付水準はどうなるでしょうか?

A. 影響なし

B. 年金カットなので当然、将来世代も下がる

C. 高まる

Q4

マクロ経済スライドによって「給付水準が調整される」という場合、次のうち、どれが正しいでしょうか?

A. 名目の年金額は増える

B. 名目の年金額は減る

C. 給付の「実質的な購買力」が低下する

Q5

受給開始年齢を標準の65歳から1カ月遅らせるごとに公的年金は0. 7%増額されます。将来世代が受給開始年齢を3歳遅らせると、給付水準はどうなるでしょうか?

A. 現在の高齢者より給付水準は上昇する

B. 現在の給付水準と同じになる

C. それでも給付水準は現在より低下する

Q6

安倍晋三首相は「公的年金の積立金運用益は6年間で44兆円に上った。年金の信頼性はより強固になった」と述べています。公的年金給付全体における積立金の運用益・取り崩しは何割を占めるでしょうか?

A. 5割  B. 3割  C. 1割

Q7

「年金財政を楽に見せるため積立金の運用利回り想定を甘くしている」と批判されることが多い公的年金ですが、実際の過去12年間の利回り結果はどうだったでしょうか?

A. 想定を下回った

B. 想定を大幅に超過した 

C. 想定どおりだった

Q8

現在、男性の平均寿命は81歳です。老後に向けた蓄えを考えるとき、何歳まで生きると想定すればよいでしょうか?

A. 83歳 

B. 88歳 

C. わからない

Q9

一般労働者を対象とした公的年金制度が世界で初めてできたのはいつでしょうか?

A. 1652年 B. 1889年 C. 1961年

Q10

月額7万円の最低保障年金を創設すると、消費税率換算で新たにいくらの財源が必要になるでしょうか?

A. 3% B. 7% C. 10%

Q11

少子高齢化の影響を受けにくいとされる積み立て方式の公的年金ですが、仮に同方式に移行するとすれば、次のうち、起きることは何でしょうか?

A. 保険料や税など負担が急増する

B. 低所得者の年金給付が増える 

C. 老後の生活水準を確実に確保できる

Q12

以下の国のうち、平均賃金レベルの労働者の公的年金給付水準(所得代替率)が日本より低いのはどの国でしょうか?

A. ドイツ

B. ニュージーランド 

C. 英国