真実の終わり(ミチコ・カクタニ 著/岡崎玲子 訳/集英社1700円+税/172ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[著者プロフィル]Michiko Kakutani/文芸評論家。日系米国人2世。1976年米イェール大学卒業。ニューヨーク・タイムズ紙で30年以上にわたり書評を担当。鋭い文芸批評で文学界に多大な影響を及ぼす。98年にピューリッツァー賞(批評部門)受賞。2017年に退社。

ミチコ・カクタニをご存じだろうか。本を愛する者にとって彼女はまさに「雲の上の人」だ。1955年生まれの日系米国人2世で、ニューヨーク・タイムズ紙で34年間にわたり書評を担当した。辛口の書評で知られ、98年にはピューリッツァー賞(批評部門)も受賞している。英語圏で最も影響力のある書評家だ。

本書は、彼女が2017年に会社を退職して初めて世に問うた著作である。意外なことにそれは文芸批評ではなかった。トランプ政権の誕生以後、民主主義が危機に瀕する米国社会を鋭く分析した渾身の一冊だったのだ。