6月、世界の長期金利(10年物国債利回り)がそろって急落した。米国の長期金利は2%割れ。すでにマイナスの領域にあるスイス、ドイツ、日本はさらに低下し、オランダやスウェーデンも新たにマイナス圏に突入した。

なお財政が脆弱で、欧州債務危機時には長期金利が7.0%を超えていたイタリアでさえ2.0%台、救済を受けたギリシャでも2.4%という驚くべき低さだ。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「金利が消失した異常な時代として金融史に残るのではないか」と語る。

異常な金利低下は、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げモードから利下げ方向へ転換する姿勢を打ち出したことがきっかけだ。6月19日のFOMC(米連邦公開市場委員会)声明文からは「政策調整(=利上げ)に忍耐強く」という文言が削られ、「景気拡大を支えるために適切に行動する」という一文が加わった。