(撮影:尾形文繁)
読売新聞主筆である渡邉恒雄氏は93歳の今も、読売新聞の社論を取りまとめる要の役割を果たしている。歴代の首相とも交流があった同氏は、現在の政治の課題とメディア経営の未来について、どのように考えているのだろうか。

 

――本日はよろしくお願いします。私は2011年1月、メディアとしては最後に氏家齊一郎さんに取材しました(同年3月に死去)。氏家さんは学生時代からの盟友ですね。

氏家か、懐かしいねえ。

故・氏家齊一郎氏のインタビュー記事を前にして(撮影:尾形文繁)

――2つのテーマで伺います。まず、政治です。渡邉さんが『反ポピュリズム論』を上梓したのが2012年で、それ以降も政治は激しく変化してきました。今の政治の課題は何でしょうか。2点目はメディアの経営について伺います。

はい、どうぞ。

安倍首相との会談で話したこととは?

――まずは政治の課題から。6月17日夜に安倍首相と2時間ほど会食していますね。どのようなお話を?