GCAテクノベーション 代表取締役 久保田朋彦
くぼた・ともひこ●UBS証券、ソニー、GCAを経て2014年から現職。ソニーには00〜05年在籍。(撮影:梅谷秀司)

平井一夫氏が2012年に社長に就任して以降、ソニーはいかに経営危機から脱出するかというターンアラウンド期にあった。そのため、平井時代はパソコン事業売却、電池事業売却、さらにディー・エヌ・エー株とエムスリー株の売却など、売却が目立った。18年にEMIミュージック・パブリッシングを約2100億円で買収しているが、新しい市場を切り開くようなものはなく、やろうとしても難しい時期だった。

孫会社のスマートフォンゲームが大ヒットするという追い風が吹いたこともあって、平井氏は過去最高益を達成し、見事にソニーをターンアラウンドさせた。経営者としてすばらしい結果を残した。

イノベーションはGAFAに完敗