まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

皆さんはスライドを使ってプレゼンテーションする機会も多いと思います。今回は、そんなプレゼンのときにやってしまいがちな、「わかりにくい」あるいは「つまらない」話し方の例をご説明します。そして、その改善方法をお伝えします。

スライドを用いたプレゼンで忘れてはいけないこと。それは、「聴衆は、スライドが映し出されたら、そこに何が書かれているか一生懸命に見て理解しようとする」ということです。当たり前と思うでしょうが、これを忘れて、わかりにくい話し方をする方が多いんです。ありがちな3つの事例を説明しましょう。