瀬戸内海最大の島といえば兵庫県の淡路島だ。面積は596平方キロメートル。北の明石海峡を挟んで本州と、南の鳴門海峡を挟んで四国に面する。島は北から淡路市、洲本市、南あわじ市という3つの市で構成されている。

南あわじ市は淡路島の南西部を占め、人口は約4万7000人に上る。平地が多く、ブランド品として名高い「淡路島たまねぎ」やレタス、白菜など、都市向けの農産物が多く生産されている。

播磨灘や鳴門海峡、紀伊水道など豊かな漁場にも恵まれている。流れの速い潮で育ったタイ、夏の定番のハモなどは、関西の市場で高く取引される。福良港を中心に養殖されている「淡路島3年とらふぐ」も最近の注目株だ。とらふぐといえば山口県産が有名だが、福良港のとらふぐは全国一水温が低く、潮の速い鳴門海峡で育つ結果、身の締まりがよく味が濃厚、天然物にも引けを取らないおいしさだという。養殖ふぐは通常2年間で出荷されるが、3年かけて育てるため身が大きく、白子もよく育つと評判がよい。