新潟県小千谷市の大日養鯉場。業界最大手の企業だ。右の人物が代表取締役の間野太氏

茶道、アニメ、着物、コンビニエンスストア……。インバウンド需要を取り込もうと内閣府が主導する「クールジャパン推進会議」が6月15日、新潟県小千谷市で開かれた。開催地が新潟県内だったのは、この日のメインテーマが新潟を発祥の地とするニシキゴイだったからだ。

「日本を代表するコメ、日本酒と並んでニシキゴイは海外への訴求力がある」。パネリストを務めた日本政策投資銀行新潟支店の関尚久次長はそう語った。

内閣府などが主催したクールジャパン推進会議in新潟

ニシキゴイ等の2018年の輸出額は43億円。この10年間で倍増した。最近では欧米諸国に加え、アジア、とりわけ中国向けが輸出額を押し上げている。

その背景について、日本産ニシキゴイを中国に輸出する卸売業大手・三信トレーディング代表取締役の範軍氏は次のように説明する。「中国では、癒やしや安らぎを求めて日本の文化に親しむ人が増えているためだ」。