(撮影:今井康一)

「トライして都合が悪ければ、すぐに変えればいい」

トヨタ自動車社長に就任して10年の間、豊田章男は、孤独な戦いの日々を過ごしてきた。

彼は、元大リーガーのイチローとの対話の中で、ビジネスの世界では決して見せることのない“素顔”をのぞかせ、本音を語る。

それは、イチローが経営のプロでも、同業者でも、トヨタ関係者でもないからか。いや、それこそ皮相な見方だ。章男とイチローの間には、孤独を背負ってきた者同士の魂の交感、共鳴、共感、共振がある。

章男は、この10年間、何に悩み、どんなリーダーになろうとしてきたのか。イチローとの対話を詳細に見ていくと、彼の内面の声が聞こえてくるのだ。

その一例を挙げてみよう──。

トヨタはモノづくりに、真摯に、愚直に向き合ってきた。その姿は、イチローが野球に対し、準備やルーティンを重んじながら、真っすぐに向き合う姿勢と重なる。