いしむら・とみたか●1973年生まれ。東洋信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)を経て、2003年にライブドア入社、FX事業立ち上げを主導。13年よりGMOクリック証券の英国法人CEO、17年より現職。(撮影:尾形文繁)
ビットコイン価格が1年3カ月ぶりに1万ドルを突破するなど、回復の兆しが見られる仮想通貨市場。米フェイスブックによる独自仮想通貨「リブラ」のサービス構想発表も話題だ。今後、仮想通貨を取り巻く事業環境にはどんな変化が見込まれるのか。国内の仮想通貨交換所大手、GMOコインの石村富隆社長に聞いた。

──長らく低迷した仮想通貨市場に、変化が見え始めました。

昨年11月くらいから取引ボリュームがかなり減ってしまい、どこの事業者も厳しい状態だった。それが4月に入り多少動きが出てきて、足元ではマーケット全体にいい雰囲気が戻ってきた。当社の収益も回復しつつある。