2018年に開催された米家電見本市で「感動」を強調する平井氏

「感動企業」をつねに強調

ソニーはエレクトロニクスの会社と思われがちだが、2018年度の業績を見ると、ゲームや音楽などのエンターテインメントコンテンツが営業利益の7割近くを稼いでおり、実はエレクトロニクスへの依存度は低い。

脱エレキの土壌づくりをしたのが、12年に社長に就任した平井一夫氏(現シニアアドバイザー)だ。平井氏がソニーの再生を進めるうえで取り組んだことの1つは、創業の理念に立ち返り、「ソニーとはいったい何の会社なのか」を明確にすること。そこでたどり着いたのが、「ユーザーを感動させる会社」という自己規定だ。

平井氏はプレゼンテーションの際に、「感動」の2文字が書かれたスライドを好んで使った。海外向けの発信では、感動を覚えたときに発する言葉である「WOW」や、「KANDO」などの表記も用いた。

社員の間で今なお語り草となっているのが、14年1月に米国で開催された国際家電見本市「CES」で記者発表会に登壇した平井氏のスピーチだ。流暢な英語を操り、「WOW」を数十回も連発するユーモラスなプレゼンに、会場からは笑いが漏れた。

そのスピーチの中で、平井氏はこう語っている。

「私はソニーの社員一人ひとりに、仕事の中心に『WOW』を据えてもらいたいと願っている。商品企画、ハードウェアの設計、ゲームクリエーター、(中略)企業法務や財務の専門家まで全員が、相互に結び付いた『WOW』を与えるネットワークの一員だ」

平井氏がこう訴えかけた背景には、従来の企業アイデンティティーと今後成長させるべき領域との、深刻なズレがあった。

当時をよく知るOBは言う。

「テレビやパソコンの部署は、赤字になっていても社内では依然として花形だった。『ソニーらしさ=革新的なエレキの製品を出すこと』という共通認識があったからだ。平井さんが『音楽や映画で成長する』と言うと、有力OBなどから『近頃のソニーはすっかりソニーらしさを失った』というお叱りが来る。構造改革をやるのは大変だったと思う」

創業者・井深大の設立趣意書を再定義