射程が5000キロメートルとされ迎撃が難しいDF-26は、米軍の空母の存在意義を失わせかねない(Imaginechina/アフロ)

今年1月、中国中央電視台(CCTV)は中国ロケット軍のDF-26中距離弾道ミサイル発射を報じた。中国はDF-26を対艦弾道ミサイルであるとしている。米国情報機関は2017年に、中国ロケット軍が16発のDF-26を保有していると発表した。

DF-26は、衛星から目標情報を得ながら、弾頭に装備した4枚の翼を用いて姿勢を調整し、飛行経路を変えて目標(艦艇)に突入する。速度はマッハ18とされ、限定的であっても極超音速滑空技術が使われていることになる。

中国は、さらに高い技術を使用したDF-17中距離弾道ミサイルを用いて極超音速兵器の開発を行っている。これらミサイルは、現段階では通常弾頭を搭載しており、大量破壊兵器ではないが、戦闘の様相を変えるゲームチェンジャーになりうる兵器である。