大阪市西成区にあるショーイチの倉庫。買い取った在庫はタグを取るなどして国内外で再販

日雇い労働者が集まる地域として知られる大阪市西成区。このエリアを走る高速道路沿いにたたずむ倉庫がある。中に入ると、大量の段ボール箱が山積みされていた。ハンガーにも無数の衣類が掛けられており、スタッフがそれらをてきぱきと仕分けしていた。

ここはアパレルメーカーなどの在庫処分を手がけるshoichi(ショーイチ)の物流拠点だ。同社は未使用で廃棄寸前の衣料品を定価の1割弱で買い取り、国内外にある自社の店舗やインターネットサイトなどで再販する。

在庫処分業者が買い取った在庫を横流しし、あちこちに安値で商品が流通した結果、ブランドイメージが悪化してしまうケースは数知れない。対してショーイチは、アパレル各社の要望をこまめに聞き取り、タグを切り取ってブランド名がわからないようにしたり、再販先を限定したりしているのが特長だ。

アパレル側に配慮した処分手法が口コミで広まり、昨2018年は高級ブランドからカジュアルブランドまで約1000万枚もの衣服を買い取った。直近は2桁増収が続き、今19年度売上高は15億円に達する見通し。

同社の成長ぶりは、アパレル各社がいかに過剰在庫を抱えているかを如実に示している。「『30坪の倉庫に1000箱くらい在庫があるから中身を見ずに買ってくれ』と頼まれたこともある」と、ショーイチの山本昌一社長は語る。