現地財界人を大いにわかせた(記者撮影)
ソフトバンクグループの孫正義会長が6月22日、台湾・台北で開かれた講演イベントに、台湾・鴻海精密工業の創業者である郭台銘(テリー・ゴウ)とそろって登壇した。会見で何を語ったのか。その模様を会員限定でお届けする。

 

郭氏は2020年の台湾総統選への出馬を目指している。孫氏との親密な関係を強調することで、自身のビジネスにおける経験や人脈を政界と有権者に訴えようとしているようだ。

イベントでは、孫氏の投資経験を借りて台湾のスタートアップ企業を育成する案などが示され、来場した現地財界人を大いにわかせた。

孫氏といえばドナルド・トランプ米大統領の当選後にいち早く面会し、対米投資拡大をアピールした姿が記憶に新しい。しかし、台湾は米中関係を左右するデリケートな国である。盟友関係にある郭氏の出馬を支援するとなれば、孫氏と政治の距離はいっそう近くなる。

これまでも政治権力を利用する企業家はいたが、トランプ大統領はそれとはタイプが異なる。直前までビジネス一筋の、実業家大統領だ。このトランプ氏に続き「郭総統」まで誕生すれば、タフなビジネス経験を政治手腕に役立てる新しいタイプの政治リーダーが注目されるだろう。

では孫氏自身は、トランプ氏や郭氏の姿を見て、政界への関心を掻き立てられるのだろうか。イベント後の会見で質問してみた。「孫さんも政治家になろうとは思ったことはないのか?」

孫氏の回答は?