測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?(ジェリー・Z・ミュラー 著/松本 裕 訳/みすず書房/3000円+税/189ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
Jerry Z.Muller●1977年米ブランダイス大学卒業、84年米コロンビア大学でPh.D.を取得。96年からアメリカ・カトリック大学歴史学部教授。専門は近代ヨーロッパの知性史、資本主義の歴史。邦訳された著書に『資本主義の思想史』。新聞、雑誌への寄稿多数。

リーダーが測るべきは? 間違えば信頼関係喪失

評者 北海道大学教授 橋本 努

成績や達成率など、数値目標を作ってインセンティブを与えれば、組織はよりよい方向に向かう、と私たちは思いがちだ。だが「計測できるから測る」という単純な思考では、組織がかえって腐敗してしまうことを、さまざまな分野での豊富な事例を挙げて、著者は指摘する。

英国議会は、緊急病棟での待ち時間を減らすために、4時間以上も待たせる病院には懲罰を加えることにした。すると病院側は、運ばれてきた患者を救急車に乗せたまま待たせることにしたという。

同じ医療での米国の例。ニューヨーク州では、外科医の技量評価のために、術後30日の患者の生存率を公表したところ、外科医たちは高リスク患者の手術をしなくなった。結果、救えたかもしれない生命を救う機会がなくなった。

大学関係者が気にする大学ランキングの測定にも、多くの問題があるという。米国では国内の大学ランキングに、大学の学長たちの意見を反映させる仕組みがある。そこで各大学は、他大学の学長からの高評価を得るために、豪華なパンフレットを作って送りつけたり、学長たちが読む雑誌に全面広告を出したりするなど、無駄なイメージアップ合戦に勤(いそ)しむのだという。

警察での事例はいっそう深刻で、米国ではTVドラマのネタになったりもする。犯人の逮捕数を目標に掲げると、例えば麻薬課の刑事たちは、密売組織のボスを逮捕することに関心を示さなくなる。路上で麻薬を売る10代の若者たちを日に5人逮捕したほうが、自身の業績アップにつながるからだ。これでは問題の根本解決に至らない。

数値目標を導入すると、かえって有害な結果を招いてしまう。とくに教育や医療の分野など、理念的なミッションを抱いている構成員たちは、数値目標の強制を不快に思う傾向がある。また、管理コストは膨れ上がり、従業員の士気もそがれてしまう。

問題の根本にあるのは、信頼関係の喪失であろう。組織のリーダーは全体を把握するために、数値を集めて分析したいという欲望に駆られる。だが数値目標が導入されると虚偽の報告が生じ、他の目標がおざなりになって信頼関係が台無しになるという悪循環が生じてしまう。

本書はそのメカニズムを多角的に解明した好著。複雑な組織の舵をとるためには、計測すべき数値とそうでない数値の差を見分ける必要がある。巻末のチェックリストが役に立つだろう。