1990年の第1回PMF。若手音楽家の指導をする芸術監督のレナード・バーンスタイン(©PMF組織委員会)

札幌の夏の風物詩「パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)」が、今年で30回目を迎える。米国が生んだ20世紀を代表する指揮者・作曲家のレナード・バーンスタイン(1918〜90年)によって創設されたPMFには、これまで76カ国・地域から延べ3500人以上の若手音楽家が参加。世界有数の「国際教育音楽祭」として広くその名を知られるイベントだ。

昨年はバーンスタイン生誕100年のメモリアルイヤーであったことから、音楽祭はバーンスタイン一色に染め上げられ、芸術監督のワレリー・ゲルギエフなど、バーンスタインゆかりの音楽家たちが彼の遺(のこ)した作品の数々を披露した。

この音楽祭の中心を成す存在が「PMFオーケストラ」だ。オーディションで選ばれた若き音楽家たちによって構成される一期一会のオーケストラは、まさにプロの音楽家を目指す若者たちにとっての“夢の懸け橋”といえる。このオーケストラを経て世界に羽ばたいた音楽家たちは枚挙にいとまがない。