まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

仕事でさまざまな会社から社長のプレゼンテーションのトレーニングを依頼されます。そのとき毎回不思議に思うことがあります。それは、話すのに自信がある社長ほど原稿を書こうとしないということです。

その方の気持ちはわかります。原稿がなくても、スライドにおおよその内容が書いてあれば、すらすら話せる自信があるのですよね。

そんな方が多く口にするのは「原稿を用意すると棒読みになってしまう。原稿のないほうが自然に話せるんです」ということ。確かにそうかもしれません。それでも私はいつもこう答えています。「必ず、原稿を書いてください」と。

原稿は書かなくてもいい、と考えている方は次のような感じだと思います。