安倍晋三首相が、6月12〜14日にイランを訪問し、ハメネイ(ハーメネイー)最高指導者とロウハニ大統領らと会談した。目的は、戦争の危機が生じている米国とイランの間の緊張緩和だ。ハメネイ師と会談した13日にホルムズ海峡で日本とノルウェーのタンカーが何者かによって攻撃された事件があったため、安倍首相の仲介外交は失敗に終わったとの報道が主流だ。このタンカー攻撃事件については背景の事情が複雑だが、今回の安倍首相の訪問による米国とイランの緊張緩和を阻止しようとする勢力による周到に準備された工作と筆者はみている。今号では、安倍氏とハメネイ師の会談が持つ意義を考察し、次号でタンカー攻撃事件について分析する。

まず、前提として重要になる基礎知識は、イランが神権国家であるということだ。イラン大統領は国民による民主的な直接選挙によって選ばれる。ただし、国家の実権は大統領ではなく、最高指導者が握っている。最高指導者は、高位聖職者らが密室で選出する。イランでの核兵器や弾道ミサイルの開発は、ハメネイ最高指導者の管轄下で進められている。また、イラン正規軍よりも強力で、最新兵器で武装しているイランのイスラム革命防衛隊も、ハメネイ師の指揮命令下にある。

6月13日、イランの首都テヘランで安倍首相は、ハメネイ師と会談した。会談後、安倍首相は、同行記者団にこう述べた。〈先般、トランプ米大統領と会談をした際、トランプ氏からは事態のエスカレートは望んでいないとの旨の発言がありました。詳細については控えたいと思いますが、トランプ氏とは今まで何度か意見交換を行い、お話をうかがっております。トランプ氏がどのような意図を持っているのか、私の見方として、ハメネイ師に率直にお話をいたしました。/緊張の高まりが懸念され、互いに複雑な国民感情がありますが、そうした状況だからこそ、関係国のトップ同士がともに緊張緩和に向けた意思を持っていることが極めて重要です。昨日、ロウハニ大統領からは戦争は望んでいないとの明確な発言がありました。本日はイランの最高指導者であるハメネイ師と直接お目にかかり、平和への信念をうかがうことができました。これは、この地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進であると評価しています。/ハメネイ師からは、核兵器を製造も保有も使用もしない。その意図はない、するべきではないとの発言がありました。緊張緩和に向けた道のりは大変困難を伴うものでありますが、この地域の平和と、世界の平和と安定のためにこれからも努力を重ねていきたいと考えています〉(6月13日「産経ニュース」)。