国内の産業において、AI(人工知能)の活用がいちばん進んでいるのは製造業である。AIはすでに多くの製造・販売の工程を改善し、生産・販売活動のコストを下げている。機械設備の点検、ラインの異常検知、障害発生の予想、品質検査や官能検査を中心に、AIの主要技術である機械学習、ディープラーニングでの画像認識が応用されている。少子高齢化が進む中、退職するベテラン技術者の代わりを見つけることが困難な背景も、製造業でのAI活用を後押ししている。

製造業以外にも医療や創薬、環境保護の監視システムなど、あらゆる分野にAIの利用は広がる。中でも筆者が注目しているのは、都市設計への活用である。土地利用の状況や夜の明るさ度合いがわかる衛星データを用いることで、広くかつ詳細な視点で都市が理解できるようになった。深層学習を用いた、今後の土地利用を予測する筆者らの研究では、以前より高い精度で将来の土地利用が予測できている。このAIによる新しい都市予測は、個々の土地利用と設計図を基に、紙の地図などを見ながら、“がやがや”議論していた社会を変えつつある。

そして、都市設計の中でも大事なのが、交通網をどのように考えるかである。人口と公的な予算の増加を前提につくってきた公共交通網や自動車道路網は、現在の人口減少・高齢化や人手不足の中では維持費が足りず、今後の運営方針の見直しを迫られている。その解決策として高い可能性を持つのが自動運転である。