作業スペースには仕切りが少なく、カフェにいるような開放感がある(撮影:今井康一)

日本の不動産業界に新風を吹き込み、破竹の勢いで業容を拡大しているのが米ウィーワークだ。不特定多数の利用者にビジネス環境を貸し出すシェアオフィス運営会社だが、同社はさらに、集まる人同士の交流を促しコミュニティーをつくり、価値の創造を狙うコワーキングスペースとして運営する。

2010年に米ニューヨークで創業し、世界28カ国で展開。日本初進出は18年2月の東京・六本木のアークヒルズサウスタワーだ。その後、大阪、名古屋、福岡などへ進出し、今や日本で18拠点、利用者は1万2000人を突破した。年内に30拠点へ増やす構えだ。

大口の優良顧客だが歓迎一色ではない

ビル1棟やワンフロアを丸ごと借りるウィーワークは、デベロッパーにとっては大口の優良顧客のはず。だが、必ずしも歓迎ムード一色ではないようだ。