少子化が進む中、子どもの習い事市場で今、最も注目されているのがプログラミング教室だ。船井総合研究所と教育メディア「コエテコ」の共同調査によると、子ども向けプログラミング教育の市場規模は2013年に約6億円にすぎなかったが、今年は約114億円、24年には約257億円にまで拡大する見通しだ。

従来はロボット製作の一環でプログラミングを教える教室が主流だった。しかし最近は、パソコンやタブレット上で簡単なゲームなどを作ったりするプログラミング専門の教室が次々と誕生。さらに夏休みなどの長期休暇には1日だけの体験イベントや、「キャンプ」と呼ばれる数日間の短期集中学習プログラムが全国各地で数多く開催される。

異業種から続々参入、急速に教室数拡大