再開発ラッシュに沸く福岡(KAZE / PIXTA)

2020年3月末、福岡市の中心部・天神にある「天神コア」が44年の歴史に幕を下ろす。若者向けのファッションブランドが多く入店し、地元では知られた商業施設だ。

運営する電鉄大手・西日本鉄道の倉富純男社長は、6月13日の定例会見で「昭和、平成とともに歩み、天神の発展そのもののコアであった」と振り返った。

西鉄は本社のあった福岡ビルと天神コア、天神ビブレを一体開発し、24年春までに高さ96メートルの高層ビルに建て替える計画だ。

激変する天神エリア、高層ビルが群雄割拠

福岡市が再開発のラッシュを迎えている。港湾部では「ウォーターフロントネクスト」として国際会議や展示会の会場、クルーズ船関連設備の強化が、青果市場跡地では三井不動産などの商業施設の誘致が決まった。そして大きな注目を集めているのが、天神を中心とした「天神ビッグバン」、そしてJR博多駅を中心とした「博多コネクティッド」の2つの計画だ。