駅東側を中心に大規模開発が進む札幌(pretty world / PIXTA)

10年後の新幹線の延伸と冬季五輪の誘致を見据えた札幌の街は今、変化の渦中にある。開発が遅れていた札幌駅東側にスポットが当たり、巨大な再開発事業が相次いで動き出している。駅の徒歩圏でも、最近まで比較的地価が安かったこともあり、若い世代を対象とした高層マンションが次々と着工。駅西側に偏っていた街の軸にも変化が生じている。

北海道の空の玄関口である新千歳空港から、JR「快速エアポート」で35分ほど。札幌駅の東側、苗穂駅の周辺に列車がさしかかると、大規模マンションの建設現場が見えてくる。