電波暗室の説明をする福井県工業技術センター、企画支援室長の山本雅己さん。広さ約3000平方メートル、高さ3.6メートル、施工はTDKと日本シールドエンクロージャーだ(撮影:山根一眞)

上の写真の不思議な部屋は通称「電波暗室」。人工衛星が送受信する電波を宇宙空間と同じ環境でチェックするための特殊な部屋だ。この部屋は外から入る電波を遮断するだけでなく、衛星が発する電波の反射も防ぐため、電波吸収体で覆われている。

JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)などで同じような電波暗室を見たことがあるが、まさか、ここにあるとは思ってもみなかった。「ここ」とは、福井県工業技術センター(福井市川合鷲塚町)。福井県が宇宙産業に参入するために設置した施設なのである。

民間から宇宙への進出がさかんになっている中で、福井県は宇宙産業への参入を開始し、2020年に最初の「県民衛星」を打ち上げる予定だ。「県」としては日本初の試みだが、なぜ自治体が宇宙に取り組むのか。公益財団法人ふくい産業支援センター常務理事で、福井県工業技術センター(以下、工業技術センター)の前所長、強力(ごうりき)真一さんを訪ねた。

県民衛星の模型と強力真一さん。神戸大学大学院出身だが機械の技術職として県工業技術センターに就職(撮影:山根一眞)

宇宙は「農業」で始まった

山根 「電波暗室」には驚きました。「県民衛星」、本気ですね。

強力 本気です(笑)。工業技術センターには、衛星組み立ての部屋であるクリーンブース、衛星を宇宙環境で試験するための真空タンク、打ち上げ時の大振動で衛星が影響を受けないことをテストする大動変位振動試験機などを設置しています。若狭湾エネルギー研究センター(敦賀市)の大型イオン加速器も数台利用します。経済産業省は宇宙部品や衛星試験が可能な施設例を公表していますが、国内で拠点化された試験施設はJAXA筑波宇宙センター、九州工業大学と、福井県だけです。